Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by hina une fille on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

playground

Posted by hina une fille on 19.2012 歌詞 4 comments 0 trackback
ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVEの背景がself portraitの詩にあると聞いて気になり気になり、、
ちょっと訳してみました。そしてその詩と共にALL~の歌詞を徒然あーだこーだ考えてみました。
ちょっとイケナイことをしていると思うので追記に仕舞います。。
断っておきますが、ちょっと長いです。加えて断っておきますと文章の下手な人の長い文はだるいです。。

***
拍手コメントいただき、ありがとうございました!!!
コメントの返信はコメント欄にてさせていただきました。。☆
拍手コメントのお返事は最後尾に追記してあります♪
まずself portraitなのですが、これはno.28の作品です。
これですね。。

selfportrait11


というわけでこれを訳してみました。本格的に英語の翻訳などはもちろんのこと英語の学習を学校以外でしたことも、また文章を扱う仕事をしたこともないので超あやふや何卒ご勘弁をですけれども。。


Let's go to the playground,
公園へ行こう。

pretending not to notice. Pretending not to know, pretending not to think.
気づかない振りして。知らない振りして。考えない振りして。

Just because it's a sunny day.Because I'm up early today.
だって晴れた日だから。だって今朝僕は早くに目覚めたんだ。

Even the scent of this new playground is nostalgic.
新しい公園でさえなんだか懐かしい気がする。

Something, seeped out of me and give me a warm feeling.
何かが僕の内側から滲んで僕を暖かいような気持ちにさせたんだ。

No big deal, it's just bit of fear.
だけどそれだって大したことはない。ちょっとした恐怖のようなものさ。

See, I can walk on my own with no one's help.
見て、僕は自分だけで誰の助けも借りずに歩けるんだ。

What a shame! You just don't get it.
残念だな!君にはわからないだけなんだよ。

Let's just take a longer way to go home together.
さぁ、今日は遠回りして帰ろう。

Just because it's a sunny day. Because I'm up early today.
だって晴れた日だから。だって今朝僕は早くに目覚めたんだから。


ツイートしたものとは若干言い回しを変えたりもしましたが、だいたいそのままでこんな感じになりました。
訳してみて私は本当になんとも辛く悲しい気持ちになってしばし呆然としてしまいました。。
ここで私が悲しさを感じている点はいくつかあります。

まず何も知らない振り気づかない振り考えない振りをしているのに新しい公園に懐かしさを否応なしに感じてしまう、つまり知らぬ振りなど出来ぬことを知ること。
僕の晴れやかな気持ちを君が理解してくれないこと。
だけどそれはたぶん僕がその解放を本心から感じていないことを君に見透かされているからだということ。
そしてそのことも実は全て僕は気付いて理解していること。
そして何よりそもそも開放感を感じるのに知らぬ振りをしなければならないこと。

この詩は1年の中で印象に残った日のことを描写したそうで、それが気持ちのいい日に散歩をしたたったの1日のことなのだとhydeは言ったというのです。
1年365日のうちたった1日です。今をときめく売れっ子バンドなんです。
CDを出せば山のように作品は売れてツアーを発表すればチケットは即ソールドアウト。
街に出てもどこかで必ず彼の曲が流れ、家にいてもTVやラジオで彼の曲がかからない日はなかったでしょう。
特に興味がない人でも毎日どこかで必ず目に、耳にしていたはずだという程の勢いだった。
嵐の渦中にいながら彼にはそれがきっとどこか遠いことのように思えていたのかもしれません。
自由に外を歩くことも出来ず、かといってゆっくり休むことも出来ない。
むしろ苦痛の方が多かったことでしょう。
その成功が自分の望んだ方法で、自分の望んだ活動をして得られたものであったのならまだどんなにか救いがあったことでしょう。
だけど彼の場合はそうではなかった。
流れ流されてそうせざるを得ない環境の中それでも前に進もうと必死にやってきたことのただの結果だった。
それだって賞賛されて然るべきで、諸手を上げて喜んでもいいことだと思う。
だけど彼には心の底からそうすることは出来なかったのでしょう。
現実と自分の心との乖離が堪え難い程大きくなっていた。

そんな中訪れたある一日。今日は天気もいいし、珍しく早く目覚めた。きっといい一日だ。散歩でもしよう。(こういうところが好きで好きでたまらないよ・・)
こんなにいい日なのだから、洗い立ての真っ白なシーツのようにまっさらな気持ちでいたい。
目に映るもの、肌に触れるもの、聞こえてくる音、、何もかもを生まれたての赤子のように新鮮に感じてただ驚いていたい。

何も知らない振りで、気付かない振りで、考えない振りで。

だけど何か自分の中から懐かしいような感情がわき上がってくる。
知らない振りなど出来ない、気付かない振りなど出来ない、考えない振りなどもう出来ない。
一瞬恐怖が走る。背中がぞくっとする。

だけどそんなことでこの気分を邪魔されたくはない。折角訪れた一日なんだ。
それがなんだって言うんだろう。些細なことだと思ってしまえばいいんだ。
だってほら、僕は自分の足でちゃんと歩ける。誰の手も借りずに。
(自分が自ら選んだことじゃないか、と肯定しようとしているように思える。)

だけど君にはわからない。君には僕が無理をしているように見えるんだろう。(たった今君たちに映る俺はとても苦しそうに見えるかもしれない...!)

だけど違う。違うんだよ。まぁ、でもそう君が思っていたとしてもいいよ。わかってもらえないのは残念だけれども。
だって今日は本当にいい日で、僕は珍しく早くに目覚めたし、こんなにいい気分なんだから。だからいつもより遠回りして家まで帰ろう。もう少しこんな気持ちのまま歩いていたいんだ。

1年のうちにたった1日だけ訪れた完全に幸福な日にさえ重ねた年月、経験、記憶のせいで陰が落ちてしまう。
だけどそれをなかったことにはしないで、あった上でも幸福だと思おうとする。
そこが一層切ないと思います。

そしてやっとこALL YEAR AROUND FALLING IN LOVEなんですけど(前置き長過ぎですね、すみません。。)これはざっくり言うと一年中恋に落ちているというような意味ですよね。訳するとどうなるのだろう。。難しいな。。毎日が恋に落ちるように、とか?センスねぇなww
それはともかくこの歌詞は奥さんへの愛の歌なのだという解釈が多数を占めるということを聞いてびっくりしたのですけども。(まぁそれであっても全然いいと思うのですけども、そんな直球なことhydeがする?!という気持ちが強いのでね。。)
私はまっさらな気持ち(知らない振り気付かない振り考えない振りをしてであっても)でいればこの世は驚きに満ちていて、その全てに恋をするように日々ときめくことが出来るということを表向きには言いたいのではないかな、と思いました。

部分部分で読み解いて、というか深読んで、というかこじつけていきたいと思います。

まず四季折々を歌うAメロから。。

春が来たなら花をあげよう
でも夏が来たならきれいな花火をしよう
秋が来たなら夢を追いかける
でも冬が来たなら君に寄り添っていよう

その季節に沿うような自然な行動を並べて時の流れを感じて素直に従おうということなのかな。
ただ秋が来たなら夢を追いかける、ということだけがちょっと特殊のような気がしています。
ここだけ季節が関係なくなっていますよね。黄昏れの季節になぜ夢を追いかけるのでしょう。
ちょっとここはかなりの謎です。。全然こじつけが思い浮かばなかったです。。

次に解放へ向かうBメロ。
「ふさいだきりの扉をあけて」
記憶の殻に閉じこもるのをやめて外に飛び出してみると色々なものに新鮮な魅力を感じることが出来る。
「炎ともして殻を壊そう!」
その殻を燃やしてしまえばもっと遠くへ羽を広げて飛び立ち何処へでも行くことが出来る。
「さよなら重力・・・僕は自由だ!」
重力があるから地面に立っていられるのだという当たり前の概念すら忘れてしまえばもっと自由に飛び回ることが出来る。

解き放たれて感じてみよう、ということを段階的に指し示しているのではないかなと思います。

そしてサビではそうすれば愛だけじゃとても足りない満ち溢れるような幸福を感じることが出来る。
それを君にもわかって欲しい、君にもあげたいということなのではないかなと思いました。
そう。前述のself portraitの詩のような清々しい気持ち。年に何度あるかわからないような滅多に訪れない幸福な感情。

だけどCメロでAre you feeling the same?Are you sharing the faith?と相手に同調を請うているところに少し不安が残ります。
僕は心細さを感じている。自分の考え方は間違っているかな?と。
お願いだから同じように感じていて欲しい。一つの真理を共有したい。

だけどどうやら君はわかってくれていないらしいのだ。

だから出会った日のことまで口にする。これは運命なのだと。たった一つの事実を拠り所にしようとするように。
晴れた冬の日に僕たちは出会ったね。その日のことを思い出して欲しい。そしてその日のように君にも感じて欲しい。
記憶の殻をやぶって解き放たれてまっさらな出会った頃のように。


ある意味考えるとこれは別離の歌のようでもあるように私には思えるのですよね。
すごく辛いけど、もしかするとメンバーとの別離かもしれないな、と。。
もう壊してしまって、解き放たれた方がみんな幸せになれるんじゃないのか、と。
みんなも同じように感じているよね?そうでしょう?と。。
だけどどうやら違うようなのだけど、、それでも同じように感じていて欲しい。もうまっさらにしてしまおう、と。
そんなことまで私は思いを巡らせてしまいました。

真偽の程はどうあれ、私はこの曲がとても清々しくさわやかなものであることに逆に重苦しさを感じてしまっています。REAL TOURで歌われるこの曲には羽根を羽ばたかせても羽ばたかせても厚い雲から抜けられないような、そんな無力感を感じてしまいます。お願いだからわかってくれ!!!という叫びが届かないようにも。

そして何故この曲がFLA2から外されてしまったのか。それを考えると合点がいくように思うのです。
今また持ち直し前進ずる彼らにこの曲は必要ない曲で、むしろ削除したいような曲なのかもしれません。
もちろんまったくの推測で、ただ単に何か機械の不備であったからかもしれないですし、本人達が気に入らなかったからかもしれないし、わからないですけど。。
虹も削除されていましたし、そのへんもとても興味深いところなのですけど、その仮初めの復活となった「虹」ともう終わりにしよう、というようなこの曲が今DVD化されるにあたって外されたのは意味があるように思います。

あぁ、、、本当にめちゃくちゃな徒然でした。ここまで(もしそんな方がいらっしゃるのなら!)読んで下さった方ありがとうございます。
文章をまとめるというのはなんて難しいことなのでしょう!!

***
拍手コメントありがとうございます!
☆みんとさん☆
明けましておめでとうございます!昨年中は大変お世話になりました。。
たくさんラルクの話が出来て本当にとても楽しかったです!!
それ以外にもなんだか慰めてもらったり、励ましてもらったり、元気づけてもらったり。。
本当にありがとうございました、感謝しております><
みんとさんと15たんのおかげで(15たん元気にしているかなぁ。。)ken様ファンにもなってしまったし笑
今年もたくさんラルク話ができますように。。
話題がなくてもラルヲタなら自家発電で乗り切れるはず?!
何卒本年もよろしくお願いいたします☆
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.12.20 10:32 | | # [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.12.20 11:30 | | # [edit]
コメントありがとうございます、とっても嬉しいです☆
なんだか飛躍し過ぎている上にその考えをちゃんと文章にまとめられなくて自分でもイタタ・・・と思っているのでまたゆっくり考え直したいのですが、私にはこの曲がまっさらな状態を求める(だけど絶対に不可能な)願いであるような気がしていて、なんとも辛いです。。
それがイコールで解散だとか脱退というものではなくて、ただただそういう状態を求めている気がするのです。。
哲学は私は読んでいないのでなんとも言えないのですが、彼の立場もまた非常に辛く苦しいものであるだろうなと想像に難くないですよね。
みんな苦しんでいたのですよね。それぞれに。うぅぅ。。。辛い。。辛いけど考えるのが面白くて仕方ない。。
2012.12.23 08:04 | URL | hina une fille #- [edit]
コメントありがとうございます☆
秋と飽き。なるほど!それは考えてなかったです。。
それも面白いですね〜。
私もALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE(タイトル長いw)じっくりもう一度聴きながら考えたいなぁと思います。。
2012.12.23 08:06 | URL | hina une fille #- [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://larmedusoir.blog.fc2.com/tb.php/106-27499290

プロフィール

hina une fille

Author:hina une fille
音楽、文学、映画、美術。。いろいろなことに興味がありすぎてどれも広く浅くの知識しかないのですが、日々家事と育児の完全主婦生活でアウトプットできる場所が少なく、そのことに思いのほか鬱憤が溜まっているようなのでブログを始めようなどと思い立ってやってみました。
昨年大復活を遂げ、ラルクちゃんに返り咲き。ソロで聴くのはhydeのROENTGENのみなので、VAMPADDICTではないですが、michelle addictionではあります。他には東京事変第一期までの椎名林檎とradiohead(特に初期)を熱烈に愛しています!
あとはフランスかぶれのフランス贔屓。ベタだけれどゴダールが好き。アンナカリーナは永遠の憧れ。
どうぞよろしく。
*近況*
諸事情により今夏より伯林におりますが、今までメンバーを愛でるのはhyde中心だったのについにメンバー全員に萌えられるようなり、さらに現在進行形でkenヲタ絶賛加速中でDVDを見るのも音源を聴くのもすごく忙しいです。自分の目と耳が4倍欲しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。