FC2ブログ
Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by hina une fille on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ公演記事2

Posted by hina une fille on 18.2012 L'Arc~en~Ciel 0 comments 0 trackback
Morgan Magninというとこに載っていた記事を訳してみました。
下記クリックすると原文に飛びます。
Morgan Magnin

L'Arc~en~Ciel
20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012
パリのZENITHに凱旋

実に4年の間、L'Arc~en~Cielのフランス公演を再び見るのに我々は待たなければならなかった。L'Arc~en Cielとは日本の音楽シーンの代表的存在である。(フランスにおいて、の意味だと思われる。)
2008年フランス本土での最初の公演時メンバーのHyde,Tetsu,Ken,Yukihiro(ボーカル、ベース、ギター、ドラム)は結成20年を祝いに戻ってくることを約束していた。彼らは裏切らなかった。そして今回の公演も我々観衆の期待を裏切らぬ素晴らしいものだった。

当たり前のようだが4年間の月日というものが流れている。

観客は皆成長しているというのにhydeは衰えたようには見えなかった。(そしてそれはその晩の一番の驚きであった!)見た目も声も。
(*以下ちょっと複雑でよくわからなくて。。適当です!)
今観客はサイリウムを準備している。サイリウムは光る棒で演奏に合わせて振るようになっているもので、それがあると会場の雰囲気は全然違ったものになる。深い闇であった客席には光が反射するようになった。サイリウムを使用するには彼らの音楽や歌詞をちゃんと知っていた方が良い。もちろん日本語を勉強するべきだと言っているのではないが、定期的に日本人アーティストが来仏したり、Nolifeというテレビ番組で日本のミュージックビデオが流れているので、日本の音楽とその歌詞がセットで大衆に広まるようにはなっている。そういうわけで会場の雰囲気は2008年のものとだいぶ違ったものになっていた。前回公演では観客は人生のうちで特別な経験をしたというような印象を持っていて、今後また公演しに来てくれるかもしれないと思って明日のことなど考えずに真に感情を彼らのアイドルと通わせようとしていた。

L'Arc~en~Cielのメンバーはとてもリラックスしてその場にいることを幸せを感じているように見えた。2008年度の公演は本当に素晴らしい衝撃だったのに対してフランスの観客達はコミュニケーションを放棄しているように見えた。スタジオアルバムについてもそうで物理的にも潜在的にも店頭での取り扱いが全然なかった。それから状況は変わった。L'Arc~en~Cielの最新作の売り上げにフランス(ヨーロッパと言ってもいい)は大いに貢献しているし、各国を巡る世界ツアーは宣伝キャンペーンにもなっているだろう。Les Inrockuptiblesのような雑誌に何気なく彼らが載っているのも嬉しく思う。L'Arc~en~Cielは日本列島を飛び出し国境を越えてそのメンバー4人それぞれが理解され、受け入れられ、守られている。コンサート中の曲間のMCでフランス語をしゃべろうとする彼らを見るたけでその努力がわかるだろう。

緻密で華やかで並外れたこの公演は彼ら自身がこれからのジャパニーズロックの代表であると見せつけているようであった。それを喜ばずにはいられないし、これから先もずっとその地位を守っていくことを願わずにはいられない。(浜崎あゆみの下りはちょっとよくわかりませんでした、すみません。。)

***
んー終わった。。いやはやこれはけっこう絶賛記事でしたね。
以前よりも日本の文化が本当に浸透してきていて、闇雲に盛り上がるだけでなくて日本での方法を持ち込んで楽しむことが出来ているということなのかな。
2008年の熱狂はものすごく、それはそれで素晴らしいことだったけれども、今回の記事はその若干calm downな状態を進歩だと捉えているのですね。
ラルクは日本の音楽文化を海外に伝播するトップバンドであるとまで言ってくれていますし、かなり絶賛デス。
でも盛り上がり方に関してはどうなんでしょうねぇ。私が個人的にサイリウムとか手扇子?の決まりきったノリがあまり好きじゃなくて海外なりの自由な盛り上がり方っていいなーと思っていたので、、
間違ったというか、ちょいださな文化が輸出されていてそれが良しとされているのがどうも。。笑
しかしけっこう海外の記事って難しい。日本ってすごく簡単な表現で表層をなぞって終わらせるだけで、それがありましたよってだけで中身がないものが多いけれども、海外のものは自分なりのちょっとした詩的な表現も混ざってきたりするので読み物としては面白いんだけれど言い回しも難しいし、前後との関連がよくわかんなかったりして訳そうとするともう何がなんだか、、
結局ただ直訳しただけのかたい文章になってしまって、ニュアンスとかもっと補足して訳すことができればいいのでしょうが、私にそんな才はなく。。撃沈。。
でもちょっと楽しい。やっぱりフランス語は好きだなぁ。ドイツ語勉強しなきゃいけないの厭だなぁ。。
スポンサーサイト

パリ公演記事

Posted by hina une fille on 16.2012 L'Arc~en~Ciel 0 comments 0 trackback
Orient extreme
パリ公演の記事を辞書見ながら四苦八苦読んでみました。

フランス語は学生時代に専攻していたものの超不真面目学生で遅刻どころか授業に出ることの方が稀、挙げ句留年というどパンクな学生だったので(未だに単位足りない!卒業できない!と焦っている夢を見るほど笑)かなり正確性については疑問ですが、下記にざっくり翻訳してみようかと。
いつも人様のを読んでいるだけなので、申訳ないな、というのがありまして。。
まぁほとんど訪れる人はいないだろうと思うのですが、ちょっとやってみます!

***
日本のROCKバンドでは最も人気の高いL'Arc en Cielが結成20周年を祝うツアーで2012年4月11日ZENITHに戻ってきた。初のロンドン公演から3日後であり、ニューヨークMSG公演を行ってから1月とたたずに。

まったく初めてであった2008年度の公演は今もなおフランスにおける日本バンドの最後のコンサート(恐らく記憶に残っている、成功した、インパクトを残したという意味での最後)であり、今回彼ら自身がそれを打ち破りに戻って来てくれるのではないかということが期待されていた。
そして結果、昨年のXJAPANのコンサートをすぐに色褪せたものにした。舞台いっぱいにかけられた巨大なスクリーンだけで。そのスクリーンの表現はとてつもなく力強く、きらびやかであった。2008年度の船で構成された舞台の詩情を懐かしく思ったとしても。
とりわけヒット曲満載でエネルギッシュだったセットリストの後半は記憶に残ることだろう。特にBlurry Eyesが演奏された時は会場中が揺れ、飛び跳ねた。DNA2という18年も前のアニメの主題歌であったこの曲はJPOPファンやアニメファンの中では未だに根強い人気を誇っている。2008年の公演では不当にも忘れられていた(なぜか演奏されなかったということ)が、昨夜の彼らの演奏で会場中は熱狂的な雰囲気に包まれた。この盛り上がりは最近のKPOP勢も今後参考にするべきものがあった。感動の種類は全然違うけれども、ローマ字の字幕つきでのあなたの合唱も昨夜の公演で強く心に残るシーンのひとつであった。

我々は後日より詳細に、より多くのイメージでもってこの公演について思い出すことだろう。特に売れ行きがあまり好調でない最新アルバムButterflyからなっていたコンサートの前半があまり盛り上がらなかったことを。ZENITHは平均的な会場で(約4000人程度の)あるけれども、前日気前良く招待券を配布したためにほぼ満員にすることが出来たことも指摘する。多くのプロモーションにも関わらず2008年度の公演、昨年のXJAPANの公演より動員数は下回った。L'Arc en Cielのようなスターバンドでさえ日本の音楽への関心低下の影響を免れることは出来なかった。

***

けっこう大変だった。。しかもKPOP絡みの文と、ZENITHは平均的な〜から始まる文はかなり確信が持てません。恐らくそのようなことを言っている程度に考えていただければ。。って何人の人が見るのかわかりませんけど笑

いやーでも、なかなか正直な記事で、こういった記事は日本ではお見かけしないので、なんというか、ぐさりと来ると同時に安心もしますね。
やはり今回のワールドツアーはそんなに大成功ってわけでもないってことなのでしょうか、それとも2008年のパリ公演があまりにすさまじかったのでしょうか、それともそれとももうラルクはあまり人気がないのでしょうか。。
どういう風にも捉えられると思うんですけど、私が思うに特にパリに関しては今回の演出や新しい曲のデジタルでアメリカンというか、近未来な雰囲気がはまらなかったんじゃないかな、と。
今日本文化への人気が低迷しはじめているというか、おそらく頭打ちの状況なのでしょう、その影響ももちろんあると思うのですけどね。
だってL'7はたしかにすごかったですよね。体感はしていませんがあのセットの作り込み方はすごいし、la poesieと表現されているようにあの独特の美しくて退廃的な雰囲気はもうラルクでしかありえない世界観であって、なおかつフランス人の感性にとてもフィットしたものであったのだと思います。


***
拍手いただき、ありがとうございました!!

プロフィール

hina une fille

Author:hina une fille
音楽、文学、映画、美術。。いろいろなことに興味がありすぎてどれも広く浅くの知識しかないのですが、日々家事と育児の完全主婦生活でアウトプットできる場所が少なく、そのことに思いのほか鬱憤が溜まっているようなのでブログを始めようなどと思い立ってやってみました。
昨年大復活を遂げ、ラルクちゃんに返り咲き。ソロで聴くのはhydeのROENTGENのみなので、VAMPADDICTではないですが、michelle addictionではあります。他には東京事変第一期までの椎名林檎とradiohead(特に初期)を熱烈に愛しています!
あとはフランスかぶれのフランス贔屓。ベタだけれどゴダールが好き。アンナカリーナは永遠の憧れ。
どうぞよろしく。
*近況*
諸事情により今夏より伯林におりますが、今までメンバーを愛でるのはhyde中心だったのについにメンバー全員に萌えられるようなり、さらに現在進行形でkenヲタ絶賛加速中でDVDを見るのも音源を聴くのもすごく忙しいです。自分の目と耳が4倍欲しいです。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。